自動車板金塗装の現場で実際にコーケンジールを使った印象をまとめています。

プロが使う!Ko-ken Z-EALの工具をインプレッション

3/8”(9.5㎜)

Ko-ken Z-EAL 3/8" 首振りラチェットハンドル 3726Z

2018/2/11

Ko-ken Z-EAL 3/8" 首振りラチェットハンドル 3726Z

Z-EALの3/8”首振りラチェットです。 こちらも是非そろえておきたい工具の部類に入りますね。 首を振るので様々な角度からアクセス可能ですが首を振らないスタンダードラチェットに比べトルク伝達率が落ちます。 その辺のメリット・デメリットを考慮して日々のワークに役立てる使い分けをしています。   首振り角度と空転トルクの軽さで仕事効率UP 差込口3/8” 首振りの接合部の精度は非常に良いです。さすがMADE IN JAPAN! トルク伝達率が落ちるのはこの接合部があるからですね!しかし首振りラチェ ...

Ko-ken Z-EAL 3/8” ラチェットハンドル 3725Z

2018/2/11

Ko-ken Z-EAL 3/8” ラチェットハンドル 3725Z

自動車整備や部品の脱着分解作業で最も多い場面で使うのがこの3/8”(9.5㎜)ラチェットの人も多いはず。 3/8”サイズにもなると各メーカーが代表となるラチェットを販売しています。 また現代のラチェットのギア数は72枚ギアがスタンダードです。 それに比べZ-EALのギア数は36枚ギアと少ないですが空転トルクの軽さが武器になるのと多ギアに比べ耐久性に優れています。 一般的にこのサイズではラチェット選びに好みが分かれるでしょう。   Z-EALの武器!空転トルクの軽さは抜群! 3/8”サイズは空転ト ...

Copyright© プロが使う!Ko-ken Z-EALの工具をインプレッション , 2019 All Rights Reserved.