自動車板金塗装の現場で実際にコーケンジールを使った印象をまとめています。

プロが使う!Ko-ken Z-EALの工具をインプレッション

特長

ラチェットは36歯ギアだけど空転トルクの軽さはNo.1

投稿日:2018年1月14日 更新日:

Ko-ken Z-EALと言えばまずはラチェットレンチが評判です!

世界的に見ても各工具メーカーのラチェットのギア数は72枚ギアが主流です。

その中でもギア数が軍を抜いているメーカーは

  • スナップオン⇒80枚ギア
  • KTCネプロス⇒90枚ギア

それに対してZ-EALは36枚ギア。

ギア数が多いとラチェットを回す時に細かな動きをします。
しかしラチェットを回す動き(空転トルク)が重くなる傾向にあります。

そんなZ-EALは36枚と粗いギア数ですがそれと引き換えにラチェットを回す時ときの空転トルクが非常に軽いのが特長です。

脅威の空転トルク

コーケンラチェット 空転トルク

3/8”ラチェット3725Z

ラチェットを回した時のこのフィーリングは他メーカーには無い非常に軽く軽快で誰もが驚く空転トルクを体感できます。

Z-EALの空転トルクはカタログスペックとして、1.9cNmと記載されています。(3/8” ラチェット3725Z)

 

クイックスピンナー装着で作業効率が超UP!

コーケン ジール クイックスピンナー3756Z

3/8”クイックスピンナー

ラチェットヘッドに装着しているこちらが「クイックスピンナー」

操作性を追求し空転トルクの軽さを最大限に発揮するためZ-EAL専用設計に開発されたクイックスピンナーです。

僕は、ぼぼ全ての場面でクイックスピンナーを装着して使っています。

 

コーケンジールとクイックスピンナーの隙間が絶妙

矢印の隙間がちょうど良い!

指でつまむローレット(キザキザ)が程よくグリップしてくれるのとラチェットとクイックスピンナーの間の隙間が握りやすさをUPしています。

ラチェットとクイックスピンナーはセットで使うと作業効率UPするので超おすすめです。

 

コーケンジール シブイチ クイックスピンナー

1/4”サイズ ラチェット

特に1/4”サイズのラチェットにクイックスピンナーを装着して使うと抜群の操作性と軽快な空転トルクが味わえます。

 

コーケンジール ヘッド部分比較

左1/4”USAG 237 右1/4”Z-EAL 2725Z

左の丸型ラチェットに比べZ-EALの小判型ラチェットの方がヘッドが薄く小さいのが特長。

他ギアに比べジールは36歯ギアで歯に強度を持たしているのでヘッドのコンパクト設計が可能です。

ヘッドがコンパクトだと狭い場所へのアクセスや取り回しに大変便利です。

 

こんなZ-EALのラチェットあったらいいなぁ~

個人的な意見ですがZ-EALでも多ギアにしたラチェットのラインナップが欲しい。

Z-EALで多ギアのスイベルラチェットが開発されたら自動車整備の現場で大活躍間違い無しです!

 

サイズ別に探す

Sponsored Link

-特長

Copyright© プロが使う!Ko-ken Z-EALの工具をインプレッション , 2018 All Rights Reserved.