3/8”(9.5㎜)

Ko-ken Z-EALを3/8”サイズで探す

普段の仕事で1番良く使うサイズだから良いものを選びたい。僕は鈑金塗装業を営んでいるので3/8”サイズは使用頻度が1番高いです。いろいろなメーカーを使って来ましたが行き着いたのがコーケンジールです。

2021/1/4

Ko-ken Z-EAL 3/8" クイックスピンナー(コンパクト)3756ZS

3/8コンパクトラチェットハンドル用に設計されたクイックスピンナーです。   ▲ラチェットハンドルの本数分所有しています。 プロの現場ではいちいち1つのクイックスピンナーを付け替えて使うことが時間の無駄になるからです。 個数分の投資は必要ですが、時短したほうが中長期的に見れば利益率が大幅に変わってきます。   ▲3/8コンパクトラチェット専用設計。   ▲ローレットの握り心地。 指とクイックスピンナーグリップ部の絶妙な距離感。   ▲ラチェットヘッドとほぼ同サイズな ...

Ko-ken Z-EAL 3/8" 首振りラチェットハンドル(スリム) 2726Z-3/8(L160)

2021/1/4

Ko-ken Z-EAL 3/8" 首振りラチェットハンドル(スリム) 2726Z-3/8(L160)

Ko-ken Z-EAL 1/4" ロングラチェットのボディに3/8差込角を設けたスリムタイプの首振りコンパクトロングラチェットです。(全長160cm)(36歯) スタンダート同様、スムーズな空転トルクが素晴らしいです。 コンパクトラチェットの首振りロングは出番も多く活躍してくれます。 ▲1/4ボディーに3/8の差込角です。   ▲3/8コンパクトラチェットように開発された「クイックスピンナー(コンパクト)3756ZS」が専用クイックスピンナーです。   ▲首振りの角度はご覧の通り。 ...

2021/1/4

Ko-ken Z-EAL 3/8" ラチェットハンドル(スリム) 2725Z-3/8(L160)

Ko-ken Z-EAL 1/4" ロングラチェットのボディに3/8差込角を設けたスリムタイプのコンパクトロングラチェットです。(全長160cm)(36歯) コンパクトショートラチェットだと力不足の場合に非常に役に立ちます。   この投稿をInstagramで見る   Y’sボディー 代表小林(@ysbody)がシェアした投稿 ▲僕のインスタです。 1/4に比べ3/8の方がソケットは差込角の剛性もあり、コンパクトなのでかなり使えます。   ▲3/8コンパクトラチェットよう ...

Ko-ken Z-EAL 3/8" 首振りラチェットハンドル(コンパクト)2726Z-3/8

2021/1/4

Ko-ken Z-EAL 3/8" 首振りラチェットハンドル(コンパクト)2726Z-3/8

1/4”サイズラチェットに3/8”差込口を取り付けてある首振りコンパクトラチェットのご紹介です。(36歯) 差込口は3/8”でラチェット本体は1/4”だからコンパクトラチェットと呼ばれています。 コンパクトラチェット全般に言えますがジールの驚異的な空転トルクの軽さ(フィーリング)を体感出来ます。 3/8首振りコンパクトラチェット ▲1/4サイズのラチェットボディーに差込口が3/8。   下1/4・上3/8 ▲1/4と3/8の差込口の比較です。   ▲手のひらサイズ   左1/ ...

Ko-ken Z-EAL 3/8" ラチェットハンドル(コンパクト)2725Z-3/8

2021/1/4

Ko-ken Z-EAL 3/8" ラチェットハンドル(コンパクト)2725Z-3/8

近年各メーカーからラインナップされている3/8”コンパクトラチェット!(36歯) 僕も最近手にしたアイテムです。 なぜコンパクトラチェットと呼ばれているのかは1/4”サイズラチェットに3/8”差込口を取り付けてあるからです。 そう!差込口は3/8”でラチェット本体は1/4”だからコンパクトラチェット! さっそく手にとってみた感想はZ-EALのラチェットシリーズの中でもとにかく驚異的な空転トルクの軽さです! このフィーリングは究極と言っても過言では御座いません。 使う場所はと言いますと1/4”ソケットだとト ...

Ko-ken Z-EAL 3/8" ダブルジョイント 3772Z

2021/1/4

Ko-ken Z-EAL 3/8" ダブルジョイント 3772Z

ユニバーサルジョイントがダブルになった通称ダブルジョイントです。 コーケンならではの六面体構造によりトルク伝達力を維持しながらスムーズにボルトを回せるのが特長です。 またダブルになっているジョインは25°ずつ傾きます。(最大片側50°) このダブルジョイントはエンジンルームのような障害物を避けるような場面では大変重宝します。 3/8ダブルジョイント3772Zの首振り角度は片側50°   この投稿をInstagramで見る   Y’sボディー 代表小林(@ysbody)がシェアした投 ...

Ko-ken Z-EAL 3/8” ラチェットハンドル 3725Z

2021/1/9

Ko-ken Z-EAL 3/8” 72歯ギア ラチェットハンドル 3725Z

モデルチェンジ Ko-ken Z-EAL3/8ラチェットシリーズが36歯から72歯へモデルチェンジ! ▲※2021年1月~3/8ラチェットシリーズのギア歯数が36歯から72歯へモデルチェンジしました。     この投稿をInstagramで見る   Y’sボディー 代表小林(@ysbody)がシェアした投稿 ▲僕のインスタです。72歯と36歯の音色やフィーリングの比較。   自動車整備や部品の脱着分解作業で最も多い場面で使うのがこの3/8”(9.5㎜)ラチェット ...

Ko-ken Z-EAL 3/8" スピンナハンドル 3768Z-250

2021/1/4

Ko-ken Z-EAL 3/8" スピンナハンドル 3768Z

力をかけてボルト・ナットを緩めたり締めたいときに使うスピンナハンドルです。 自動車板金の現場で3/8スピンナハンドルと使う場面では主に12㎜・14㎜のボルトがきつく締め付けてある箇所です。 例えばドアヒンジの12㎜ボルトやシートベルト取付部の14㎜ボルトなどです。 締め付けるときよりも主に緩めるときに使いますが緩めてさえしまえばラチェットで作業したほうが早いので出番は直ぐに終わり早回しが出来るラチェットへバトンタッチになります。   Z-EALスピンナハンドルの特長 全長250㎜のスピンナハンド ...

Ko-ken Z-EAL 3/8" ソケット比較

2021/1/4

Ko-ken Z-EAL 3/8" 6角ディープソケット 3300MZ

3/8” 6角ディープソケットRS3300MZ/12 7㎜・8㎜・10㎜・11㎜・12㎜・13㎜・14㎜・15㎜・16㎜・17㎜・18㎜・19㎜   ディープソケットも活躍します 近年はセミディープソケットの人気におされディープソケットを持っているが使用頻度が低くなったと言う声をお聞きします。 確かにエクステンションバーを付けたりしてオフセットを稼ぐ方法もありますが、やはり接続部にアイテムを装着すると多少なりともガタつきが生じトルク伝達率も落ちます。 ディープソケットなら障害物をさけ一気にボルト ...

Ko-ken Z-EAL 3/8" 6角セミディープソケット 3300XZ

2021/1/4

Ko-ken Z-EAL 3/8" 6角セミディープソケット 3300XZ

3/8” 6角セミディープソケットRS3300XZ/12 7㎜・8㎜・10㎜・11㎜・12㎜・13㎜・14㎜・15㎜・16㎜・17㎜・18㎜・19㎜   3/8”で1番使うサイズがセミディープソケット 自動車修理の現場で1番使うソケットがこの3/8”Z-EALセミディープソケットです。 Z-EALのショートだと短すぎるのとディープだと長すぎるときにちょうどいいサイズがセミディープなんですね! セミディープを使ってからディープはあまり使わなくなったと言っている知り合いの自動車整備工場の工場長さんも ...

Ko-ken Z-EAL 3/8" 6角ショートソケット RS3400MZ/12

2021/1/4

Ko-ken Z-EAL 3/8" 6角ショートソケット 3400MZ

6角ソケットRS3400MZ/12 7㎜・8㎜・10㎜・11㎜・12㎜・13㎜・14㎜・15㎜・16㎜・17㎜・18㎜・19㎜   Z-EALのショートソケットは超低くてコンパクト設計 3/8” ショートソケット Z-EALのショートソケットの特長でもある、この低さとコンパクト設計! ショート・セミディープ・ディープとラインナップがありますがこちらのショートに限り他メーカーと比べても超低いつくりになっています。   Z-EALとKTCで比較 左Z-EAL10㎜ 右KTC10㎜ 10㎜の ...

Ko-ken Z-EAL 3/8" ユニバーサルジョイント 3771Z

2021/1/4

Ko-ken Z-EAL 3/8" ユニバーサルジョイント 3771Z

Z-EALのユニバーサルジョイントは2軸タイプとは違い可動域は狭いですがボルト・ナットへアクセスできればしっかりとしたトルクを伝えることができるのが特長です。 それでは2軸タイプのユニバーサルジョイントと比較しながら見ていきましょう。   Z-EALユニバーサルジョイントと2軸タイプユニバーサルジョイントの比較 左Z-EAL3771Z 右MacTools X3U Z-EALの方が2軸タイプと比べ全長が短いです。 全長が短いためより狭い場所へのアクセスが可能となっています。 近年の自動車部品の脱着 ...

コーケンジール3/8エクステンションバー

2021/1/4

Ko-ken Z-EAL 3/8" エクステンションバー 3760Z

Z-EALの3/8”エクステンションバーのラインナップは現在こちらの3種類です。 大・中・小とありますがエクステンションバーは遠い箇所にアクセスさせるときに使うため接合部の精度が左右されます。 長ければ長いほど先端の振れ幅が広がります。 Z-EALの接合部は独自の特許技術により非常に少ないガタつきを再現しています。 ▼詳しくはこちらの記事で書いてます。 長ければ長いほど精度の差が左右されるエクステンションバー Z-EALのエクステンションバーは非常に作りが良く接合部に新形状のボールディンプルが採用されてお ...

Ko-ken Z-EAL 3/8" クイックスピンナー 3756Z

2021/1/4

Ko-ken Z-EAL 3/8" クイックスピンナー 3756Z

3/8”サイズに関わらずZ-EALのラチェットに絶対装着したい必須アイテムの「クイックスピンナー」です。 しかもZ-EALの最大の武器!空転トルクの軽さを更に加速させるアイテムです。   プロは複数所有する 僕はプロの現場で使っていますのでラチェット数本に対し1つのクイックスピンナーを使いまわすと取外して装着する手間や工具箱の中で探したりする時間がもったいないので所有しているZ-EALのラチェット全てに装着しています。 ラチェットの本数分所有。   Z-EALクイックスピンナーの特長 ...

Ko-ken Z-EAL 3/8" 首振りラチェットハンドル(ショート)3726ZS

2021/1/9

Ko-ken Z-EAL 3/8" 72歯ギア 首振りラチェットハンドル(ショート)3726ZS

モデルチェンジ Ko-ken Z-EAL3/8ラチェットシリーズが36歯から72歯へモデルチェンジ! ▲※2021年1月~3/8ラチェットシリーズのギア歯数が36歯から72歯へモデルチェンジしました。 3/8”ショートラチェットの首振りタイプです。 こちらも非常に使い勝手が良く自動車整備や鈑金の現場では大活躍します。   ジョイント部のメッキの剥がれ これはデメリットなのですがZ-EALの首振りラチェット全般に言えるのですが首振りジョイント部の鉄球(ボール)が当たる部分のメッキが剥がれてきます。 ...

Ko-ken Z-EAL 3/8" ラチェットハンドル(ショート)3725ZS

2021/1/9

Ko-ken Z-EAL 3/8" 72歯ギア ラチェットハンドル(ショート)3725ZS

モデルチェンジ Ko-ken Z-EAL3/8ラチェットシリーズが36歯から72歯へモデルチェンジ! ▲※2021年1月~3/8ラチェットシリーズのギア歯数が36歯から72歯へモデルチェンジしました。 3/8”差込口サイズのショートラチェットです。 こちらのZ-EALショートラチェットの特長は手のひらにすっぽりと収まるサイズになっています。 また僕の仕事(車の鈑金塗装)ではボンネットやフェンダーの仮合わせ作業が多くフィンガーラチェットのように早回しができるのでとても使えるアイテムの1つになっています。 & ...

Ko-ken Z-EAL 3/8" 首振りラチェットハンドル 3726Z

2021/1/9

Ko-ken Z-EAL 3/8" 72歯ギア 首振りラチェットハンドル 3726Z

モデルチェンジ Ko-ken Z-EAL3/8ラチェットシリーズが36歯から72歯へモデルチェンジ! ▲※2021年1月~3/8ラチェットシリーズのギア歯数が36歯から72歯へモデルチェンジしました。 Z-EALの3/8”首振りラチェットです。 こちらも是非そろえておきたい工具の部類に入りますね。 首を振るので様々な角度からアクセス可能ですが首を振らないスタンダードラチェットに比べトルク伝達率が落ちます。 その辺のメリット・デメリットを考慮して日々のワークに役立てる使い分けをしています。   首 ...

© 2021 プロが使う!Ko-ken Z-EALの工具をインプレッション