自動車板金塗装の現場で実際にコーケンジールを使った印象をまとめています。

プロが使う!Ko-ken Z-EALの工具をインプレッション

3/8”(9.5㎜)

Ko-ken Z-EAL 3/8" 6角ディープソケット 3300MZ

Ko-ken Z-EAL 3/8" ソケット比較

3/8” 6角ディープソケットRS3300MZ/12

7㎜・8㎜・10㎜・11㎜・12㎜・13㎜・14㎜・15㎜・16㎜・17㎜・18㎜・19㎜

 

ディープソケットも活躍します

ジールのラチェットにクイックスピンナーとディープソケット

近年はセミディープソケットの人気におされディープソケットを持っているが使用頻度が低くなったと言う声をお聞きします。

確かにエクステンションバーを付けたりしてオフセットを稼ぐ方法もありますが、やはり接続部にアイテムを装着すると多少なりともガタつきが生じトルク伝達率も落ちます。

ディープソケットなら障害物をさけ一気にボルト・ナットへのアクセスが可能な場面もあるのが事実です。

そんな事を書いておきながらZ-EALの特長はガタつきの少なさによるトルク伝達率UPなんですよね(笑)

 

セミディープとディープの比較

3/8”コーケンジール セミディープとディープの比較

左セミディープ 右ディープ

Z-EALのラチェットにクイックスピンナーを装着して12㎜セミディープとディープの比較です。

長さは目視でこれくらい違います。

全長で比較するとセミディープ12㎜ソケット⇒35㎜に対しディープ12㎜ソケット⇒55㎜

その差は20㎜です。

ここで豆知識!

実はセミディープの全てのサイズの全長が35㎜!そしてディープは全てのサイズの全長が55㎜!

そう!サイズが変わってもソケットの全長は一緒なんですね~♪

※ちなみにショートソケットの全長はサイズで異なります。

 

ショート・セミディープ・ディープの比較

Ko-ken Z-EAL 3/8" ソケット比較

ショートソケットはサイズで全長が変わりますがセミディープとディープは変わりません。

 

 

Ko-ken Z-EAL 3/8" ソケット比較

サイズが小さい方から撮影!

 

Ko-ken Z-EAL 3/8" ソケット比較

こちらは大きな方から。

 

まとめ

僕はプロなのでショート・セミディープ・ディープと全てのサイズをそろえています。

もちろん1年で1回使うか使わないほど使用頻度が低いサイズも御座います。

Ko-kenはソケット専門メーカーですので自動車整備や鈑金の現場でも安心して使うことが出来ます。

また高級メーカーに比べ(スナップオン・マックツール・ネプロス)精度も劣らず(むしろZ-EALが最強だと感じます)価格の費用対効果も抜群なのでソケット選びで迷っている同業者さんにはまずZ-EALをおすすめしています。

もしも1つのサイズを無くしてしまった場合でも直ぐにショッピングサイトから購入できるもの国内メーカーの強みですね!

Sponsored Link

-3/8”(9.5㎜)

Copyright© プロが使う!Ko-ken Z-EALの工具をインプレッション , 2019 All Rights Reserved.