自動車板金塗装の現場で実際にコーケンジールを使った印象をまとめています。

プロが使う!Ko-ken Z-EALの工具をインプレッション

3/8”(9.5㎜)

Ko-ken Z-EAL 3/8" クイックスピンナー 3756Z

Ko-ken Z-EAL 3/8" クイックスピンナー 3756Z

3/8”サイズに関わらずZ-EALのラチェットに絶対装着したい必須アイテムの「クイックスピンナー」です。

しかもZ-EALの最大の武器!空転トルクの軽さを更に加速させるアイテムです。

 

プロは複数所有する

コーケンジール3/8”クイックスピンナーを複数所有

僕はプロの現場で使っていますのでラチェット数本に対し1つのクイックスピンナーを使いまわすと取外して装着する手間や工具箱の中で探したりする時間がもったいないので所有しているZ-EALのラチェット全てに装着しています。(計4個所有)

 

Z-EALクイックスピンナーの特長

Ko-ken Z-EAL 3/8" クイックスピンナー 3756Z

外周はローレット加工されていて指で握ったときに滑りにくく溝の部分がしっかりとグリップします。

 

ラチェットに装着したクイックスピンナーを握った感じは?

Ko-ken Z-EAL 3/8" クイックスピンナー 3756Z

Z-EALのラチェットヘッドに合わせた自然に握りやすい外径になってます。

 

 

Ko-ken Z-EAL 3/8" クイックスピンナー 3756Z

指をかけやすい設計!

握る部分のローレット加工部分のキザギザが滑りにくくグリップします。

 

考えられたクイックスピンナー上下の隙間

ジールのクイックスピンナーの握りやすさの秘密

指をかけた時にラチェットとクイックスピンナーに隙間があるので人間工学に基づいた設計が作業者にとって非常にメリットです。

 

ジールクイックスピンナーからソケットの取り外し方

そしてソケット側のこの隙間もポイントです!

この隙間があることで指を入れてソケットを外しやすくなっています。

 

まとめ

Z-EALのラチェットは空転トルクが非常に軽いのでクイックスピンナーを装着しない選択肢はありません。

一度装着して使ってしまうとクイックスピンナー無しではラチェットは使えなくなります。

クイックスピンナーの1番の特長はボルトの早回しができることでしょう!これもZ-EALの空転トルクの軽さがあってのことです。

この組み合わせがプロの現場でもストレスを軽減し仕事のスピードもUPさせてくれます。

またZ-EALのクイックスピンナーを他メーカーのラチェットに付けて使用してもイマイチな印象をうけます。

やっぱりZ-EALラチェットに適した専用設計なんですね!

Sponsored Link

-3/8”(9.5㎜)

Copyright© プロが使う!Ko-ken Z-EALの工具をインプレッション , 2019 All Rights Reserved.