自動車板金塗装の現場で実際にコーケンジールを使った印象をまとめています。

プロが使う!Ko-ken Z-EALの工具をインプレッション

3/8”(9.5㎜)

Ko-ken Z-EAL 3/8" 首振りラチェットハンドル(ショート)3726ZS

Ko-ken Z-EAL 3/8" 首振りラチェットハンドル(ショート)3726ZS

3/8”ショートラチェットの首振りタイプです。

こちらも非常に使い勝手が良く自動車整備や鈑金の現場では大活躍します。

 

ジョイント部のメッキの剥がれ

コーケンジール 首振りラチェットメッキ剥がれ

これはデメリットなのですがZ-EALの首振りラチェット全般に言えるのですが首振りジョイント部の鉄球(ボール)が当たる部分のメッキが剥がれてきます。

この辺はKo-kenさんの方で何か対策をしていただきたいところですね。(ユーザーの声)

 

ラチェットハンドルを握った感じは?

Ko-ken Z-EAL 3/8" 首振りラチェットハンドル(ショート)3726ZS

ショートラチェットの良い点は手のひらで扱えて取り回しがいいことです。

 

クイックスピンナーを装着して手で握るとハンドルのお尻の部分がはみ出るくらいのサイズです。

多少のトルクを必要とするときであればハンドルお尻部分に小指をかけてしっかりとボルトを回すこともできます。

首振りなので手のひらの中でいろいろな角度で使えるのもメリットになります。

またZ-EALの空転トルクの軽さを活かした仕事をするにもクイックスピンナーの装着も必須でしょう!

 

3/8”ショートラチェットと比較

Ko-ken Z-EAL 3/8" 首振りラチェットハンドル(ショート)3726ZS比較

Z-EALのラチェットシリーズの中で1番短いサイズが左の3/8”ショートラチェット3725ZSです。

それと比較すると首振りショートラチェット3726ZSの方が多少長めです。

左・ショートラチェット3725ZS 全長⇒100㎜
右・首振りショートラチェット3726ZS 全長⇒120㎜

ショートよりも首振りのほうが20㎜長い設計になっています。

こちらも自動車部品の脱着分解で狭い箇所や障害物を避けたいときには役立つ1本です!

Sponsored Link

-3/8”(9.5㎜)

Copyright© プロが使う!Ko-ken Z-EALの工具をインプレッション , 2019 All Rights Reserved.